バービー > バービー人形の歴史

バービー人形の歴史について

バービーは、1959年3月9日にアメリカで誕生したニューヨークのトイフェアーにてデビュー。

本名は、バーバラ・ミリセント・ロバーツ(Barbara Millicent Roberts)。

ファッションモデルをしている17歳です。身長は約30cm(12インチ)。

マテル社の創業者ルース・ハンドラー(Ruth Handler)が、ヨ-ロッパを旅行中に、娘バーバラの為に購入したドイツの人形リリ(Lilli)をモチーフに生まれました。

プロポーション抜群なリリ人形は、大人の男性をターゲットに作られましたが、ファッションセンス抜群のリリ人形は、女の子の間でも人気の的になりました。

そして、マテル社は、アメリカでのリリ人形の販売権を獲得し、アメリカ人向けにデザインを変えて、娘のバーバラという名前にちなみバービー(Barbie)と名付けられました。

この最初のバービーは、黒と白の水着を着ていました。

日本では、1960年頃から、アメリカのバービーそのままの姿・形で発売されましたが、パッとせず「リカちゃん人形」の登場により、日本から消えていきました。

1980年代には、日本人好みに変身したバービーは、タカラとの提携で再度日本へやってきましたが、どういう訳か、バービーは、「ジェニー」と名前を変えて販売される事になりました。

その後、マテル社はバンダイとも提携してバービーを売り出しましたが、成功しませんでした。

そんな紆余曲折を経て、現在マテル社から販売されているバービーは、女の子にも大人気です。